ピル大学

Just another WordPress site

ピルの価格

えっ? そんなにかかるの? ピルの値段の事情

ピルは、保険が効くのと気になりますが、ピルは一般的に医者の処方がないと病院では買えません。

また、「避妊目的」でのピル服用は病気の治療ではないので、自由診療となり、保険は効きません。

ピルは、血栓症などの副作用がまれにあることがあります。

検査代が高い病院は悪徳ではない

したがって、事前検査で血液検査などをする病院が悪徳で事前検査をせずに、簡単に問診だけでピルを処方してくれる病院が良い病院とは言えません。

 

病院へ何軒かへピルをもらいに行った時もありましたが、初診時は8千円ぐらいから、2万円ぐらい費用がかかる病院もありました。

よく考えたら、病気の場合は、3割負担で済んでいるので、診療費がそんなに高くないと感じるだけで、本来は、1万円以上の治療費がかかっている場合が多いのですね。

仕事や転勤などの都合で病院を変えると、また初診料と薬代合わせて数万円単位で請求されます。

ピルを安く買う方法

当サイトもピルを安く買う方法などのキーワードでよく検索されますので、若い人がピルが高額で負担に感じてる人が非常に多いのだと思いました。

私は、ネットで信頼できる情報を調べて、十数年前から輸入代行でピルを購入していました。

その時に、輸入代行のピルは危険だとか、偽物だとか、評判や悪い口コミが存在しました。

「2ちゃんねる」では、ライバルの輸入代行業者や病院がステマを行っているとの書き込みもありました。

 

しかし、よく調べてみると、ピルは、輸入代行で購入した場合、半年分などまとめて買うと、1錠あたり16円という安さ。

偽物を作っても業者は儲かりません。

 

男性用のお薬「バイアグラ」の方は、1錠なんと1000円以上するそうです。

もし偽造するなら、そのように1錠あたりの単価が高い商品を偽装するので、ピルは輸入代行でも比較的安全と言えるでしょう。

 

しかし、輸入代行といっても値段はバラバラだったり、流通過程が不安ですね。

ピルの服用が初めてなど心配なら、病院できちんと受診しましょう。

 

私が若いころには、第三世代のピルとして副作用が少ないと言われている「マーベロン」は日本に解禁されておらず、他のピルを飲んでいる方は太るなど副作用があると言っており、実際に失礼を承知で書くと、太っていたので。。。

このサイトは、決して読んでいないと思いますが( ;∀;)

私は、その当時解禁日本で販売されていなかったマーベロンを輸入代行で購入していました。

あちこちの輸入代行を転々として、ここ10年以上はオオサカ堂に落ち着いています。

「ハイドロキノン」「トレチノイン」など、医薬品レベルの高濃度のハイドロキノン含有量の商品や入眠剤など、自己責任で購入しています。

-ピルの価格