ピル大学

Just another WordPress site

ピルと生理の関係

ピルと生理の関係について詳しく知りたい

生理痛を解消したい!

そうなやむ女性は多いのではないでしょうか?

実は、ピルと生理には大きな関係があります。

実際に、ピルを飲み始めてから生理痛が収まったという声もよく聞きます。

おなかが痛いという症状から見てみましょう

そもそも生理は、ホルモンの増減によりおこるのですが、生理がはじまるときに、経血を排出させる、
「プロスタグラジン」という、ホルモンが分泌されます。

これにより、子宮が収縮して、胃痛になると言われています。

生理痛が起こるときには、子宮内膜が分厚くなっている可能性があるのです。

そして、子宮内膜から痛みを伝えていると言われています。

この子宮内膜が分厚くなることを防ぐ効果がピルにはあります。

その結果、生理痛も和らぐと言った仕組みになるのですね。

さらに、子宮内膜の厚さが薄くなることで、生理の月経量も減少すると言われています。

卵管がつまって痛みをおこすともいわれていますが、ピルは、その排卵を抑制するので、毎回の生理により排卵で、卵管が傷つくことを防ぐ効果もあり、出産をしない間は、「ピルで卵管を守る」とおっしゃる先生もいます。

-ピルと生理の関係